今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ロボットとは?

感じるためのセンサについて

感じるためのセンサについて

お掃除ロボットなどに多く搭載されているのが「赤外線センサー」で、これは発射した光が戻ってきたときの反射光の強弱によって、本体の位置をつかむといったものです。

赤外線センサーは、自身の場所を特定するだけでなく、前方の段差や障害物の有無も察知することが可能で、お掃除ロボット以外でも幅広く活用されています。

他にも角度や角速度を検索する慣性センサの一つの「ジャイロセンサ(ジャイロスコープ)」、糖度・酸度を計測し人の味覚の役割を果たす「味覚センサ」などがあります。

動くためのアクチュエータについて

ロボットには、本体を動かすための手や足がついているものもあります。そういった、ロボットを動かす動力を生むアームのようなものをアクチュエータと呼びます。

ロボットのアクチュエータの原理で最も多いのが、電気などのエネルギーを得たときにだけ縮み、エネルギーが通っていない(またはエネルギーが絶たれた瞬間)状態では伸びるといったものです。

関節のような役割も果たすアクチュエータは、複数のセンサに制御されてロボットに組み込まれています。

考えるためのコンピュータについて

最近のロボット工学では、自ら考え試行錯誤するロボットも登場してきています。

今までであれば、予め学習させておいたことを状況に応じて引き出すといった手法がほとんどだったのですが、考えることのできるロボット(コンピュータ)は初めてのことも自ら試行錯誤して行ってみたり、どうしてもわからないことがあれば近くの人間に助けを求めて遂行するといったこともできるようになっています。

ここに従来からあるAI(人工知能)の効果もプラスされて、より高度な次元で物事を考える・遂行するといったことが可能となってきています。

微分・積分とロボの位置・速度の関係 

ロボットの制御には、一般的に微分と積分が用いられてます。

ロボットの進行や後退、自身の位置の計測や目標値との距離の算出は、主にコンピュータによって割り出されそれを元にロボットは行動を起こしています。

これらを導くためにコンピュータ内では常に微分や積分といった計算が行われています。

高校の物理でもあったように微分積分は「変化の割合」です。

ですので、この場合も同様にその微分した結果はロボットの速度、ならびに加速度の算出にあてられることが多いです。

このように微分積分はロボットの位置や速度(加速度)に大きく関係しています。

受動歩行について

動歩行とは軸足に重心を置かないで前に倒れながら次の一歩を踏み出す歩き方ですが、受動歩行とは膝を軸とする2重の振り子運動で少ないエネルギーによって効率的に歩く方式のことをいいます。

これにより受動歩行はわずかなスロープで重力エネルギーを利用できて無動力の歩行装置でも歩き続けることができます。

人間はこの導歩行と受動歩行を効率的に利用しながら歩くことができるので、遠距離歩行も可能です。

この受動歩行がロボットに採用されることによって、まさにロボットが効率的に歩くことができるようになります。

ロボットレストランについて

ロボットレストランについて

ロボットレストランというとロボットがサービングするレストランかと思う方も多いようですが、レストランというよりもロボットや女性達のショーを楽しむ場所だといえるでしょう。

カラフルで派手なロボットが簡単な動きをしてショーを行なったり、ロボットと女性達が一緒になってショーを行なったりしています。

普通のレストランとは全く違った感覚で行く必要はありますが、人気のロボットレストランはいつも満席で予約が必要なほどに、人々の関心を集めています。

ロボットダンスについて

ロボットのように手足を関節ごとに動かしたりして固い動きでダンスをするロボットダンスが流行っています。

これは1960年代の未来映画から考案されたダンスで、マネキンやロボットのように踊ります。

このロボットダンスに弾力的な動きが加えられたのがポップダンスで、1978年から始まり1984年のブレイクダンスでさらに広がりました。

このようにロボットダンスが基本となりあらゆるダンスの歴史が始まったということができるでしょう。

このロボットダンスが最近再び話題になり、全世界でロボットダンスの動画があげられるようになりました。

ロボット教室について

ロボット教室とはブロックやセンサーなど様々な材料を利用してロボットの組み立て方教えてくれる教室で、さらにはプログラミングなど高度な技術を利用して繊細な動きを実現させることも可能です。

ロボット教室には様々なコースがあり、幼いお子さんにはブロックなど簡単な材料でのロボットの作り方を教えたり、小学校高学年から大人向けの本格的な知識を学ぶことができるコースなど様々あります。

最近では小さなお子さんでも自分で簡単なプログラミングを行ってロボットを作ることもでき、人気の教室となっています。

ロボットのおもちゃについて

ロボットのおもちゃについて

昔はロボットのおもちゃといえば動かないで手で持って遊ぶ感覚だったとすれば、最近は動くのはもちろん、細かい動きをしたり成長したりするロボットもあり、ロボットの世界でも大きく発展しているといえるでしょう。

最近は癒し系ロボットなど人々の心を慰めてくれるような動きや言葉かけや、人を認識して会話ができるようなロボットもあり、人とロボットのおもちゃが共存できるようになりました。

このようにロボットおもちゃはもう子供達の遊び道具には限らず、大人達も求めるようになりました。