今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ロボットの種類

ロボットの種類

ロボット

ロボットといってもいろいろな種類が存在しているのですが、大きな分野で分類する と、2種類に分けられています。1つ目は産業用ロボット、2つ目は非産業用ロボット です。この2つにはどのような違いがあるのかというと、産業用ロボットというの は、物を作り出すことができるロボットのことで、それ以外の用途で使われているロ ボットは非産業用ロボットと言われています。産業用ロボットも2種類に分類される のですが、1つ目は製造業で使用されているロボットで、2つ目は畜産や農業用のロ ボットです。

畜産や農業の分野では、まだそれほどロボットの導入が進んでいるというわけではあ りませんが、製造の分野ではかなりロボットが普及していると言えるでしょう。産業 用ロボットにもいろいろな種類が存在しており、塗装、組み立てや研磨、材料 の搬入などでよく用いられています。形もさまざまで、基本的に遠隔操作のみで作業 ができる機械を総称してロボットと呼んでいるのです。そのため、普通の機械のよう にしか見えない種類もあります。

では、非産業用ロボットにはどのような種類があるのでしょうか。非産業用ロボット も大きく2種類に分類されているのですが、1つ目は医療や介護の分野で使用されてい るロボット、もう1つは生活分野で使用されているロボットです。医療分野ではだい ぶロボットの導入が進んでいるのですが、介護の分野ではそれほど普及しているとい うわけではありません。少子高齢化によって、早急に介護分野でのロボット搬入を行 わなければいけない事態となっています。

しかし、要介護者を的確に介護できるのかという不安があり、人間であれば臨機応変 に対応することが可能です。それに対してロボットの場合には、1つの作業に関して は人間よりも遥かに優れているものの、臨機応変に対応する力というのがありませ ん。だからこそ介護分野でのロボット搬入が遅れているのです。生活分野というの は、やはり子供が遊ぶおもちゃが中心になっています。その他にも最近ではお掃除ロ ボットや警備ロボットなどが登場しています。

しかも1人暮らしの人や、人と接することが苦手という人が増えていることもあり、 コミュニケーションロボットも販売されるようになりました。このように生活分野と いうのは、かなり多くのロボットが用いられていると言えるでしょう。これだけ見て もかなりたくさんの種類のロボットが存在していることがわかるのですが、今後は もっと多くのロボットが発売され、いろいろな分野に導入されていくことが予想され ます。