今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ロボット産業とは?

ロボット産業とは?

ロボット産業

ロボット産業とは人間の変わりにあらゆる機能や補助を行う機械装置関連産業を総称したもので、日本ではロボット生産額や稼働台数でも世界トップの位置にあります。

電子工学や人工知能など技術的な部分でも経験豊かであり、これからの小子高齢化時代を考えて介護や福祉、警備、危険作業など様々な分野でロボット産業の活躍が大きく期待されているのが現状です。

アメリカでロボットの父と呼ばれるJ・F・エンゲルバーガーが1967年に川崎重工業で講演したことからロボットブームが始まったといわれています。

1960年末には多間接化や電動モーターが開発されたこともあり、決まった動作を繰り返すロボットが自動車工場や電子部品産業への導入が始まりました。

2014年に経済産業省が発表した2012年ロボット産業の市場動向調査では、産業用ロボットの世界市場規模は6628億円、そのうち日本企業は50.2%を占めているといいます。

産業ロボットも進化してきて、ヒトの目や耳のような役割をセンサーで行なう「フレキシブル型」、状況に応じて判断できる「自律型」、清掃や荷物運びを行う「移動作業型」、人間がスーツのように着用する「装着型」など様々な分野で必要とされるロボットが数々開発されています。

人間が行なうには危険が伴う作業をロボットが代わりに行なったり、単純な作業を続けて行なう苦痛を解消してくれたり、繊細で精密さが求められる作業をミスなく行なうことができるなど、ロボット産業はあらゆる面でメリットをもたらしてくれています。

最近ではまさに人間のように動くロボットや人口知能分野の開発も進んでいます。

私達の生活の中でよく見るのはペットロボットや掃除ロボットなどが上げられますが、さらには二足歩行ロボットやパーソナルロボット、さらには新時代を迎えるロボット産業と半導体をテーマとして、急速に変化するさらなるロボットの技術開発と産業育成に注目していかなければならない時期でもあります。

少し前までは考えられなかったようなロボットが登場している現在も、さらに発展しつつあるロボット技術や人工知能分野により、人間よりも優れたロボットが開発されるのではないかという憂慮の声もあるようです。

ロボット産業はあくまでも人間の安全や便利性を追及したものであり、これらにより医療介護や警備、安全、便利さを追求してさらに住みよく快適な未来が実現されることを願います。