今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
産業用ロボットでメーカーによる設定変更が必要なものも買取可能?

産業用ロボットでメーカーによる設定変更が必要なものも買取可能?

産業用ロボット メーカー 設定変更が必要 買取可能

産業用ロボットにはいろいろな種類があるのですが、基本的にどのような産業用ロボットでも、故障さえしていなければ買取可能だと思ってよいでしょう。ただし、中には設定変更が必要になる場合もあるのですが、このような産業用ロボットも買取可能なのかというと、所有権や登録移転が必要になる場合もあります。こういった複雑な作業が必要になる場合には、通常売るという人は少ないでしょう。ただし、買取が不可能になるというわけではありません。

そのため、どの程度設定変更が必要になるのかによって、買取できるかどうかが変わってしまいます。この判断は実際に買取依頼を受けてからでないと難しいので、まずは弊社まで買取依頼をしてほしいと思います。この際に設定変更の有無なども一緒に報告してください。簡単な設定作業であれば買取できる可能性が高いですが、登録移転などを必要とする場合には、買取できないケースもあると言えるでしょう。

ちなみに設定変更が必要な産業用ロボットや、登録移転が必要になる産業用ロボットというのは、それほどたくさんあるわけではありません。ある程度数が限られてしまうので、弊社に買取依頼をしてくる人の数や、質問をしてくる人の数もかなり少ないと言えるでしょう。一般的な産業用ロボットであれば問題なく買取することが可能です。大きさやメーカーなどはまったく気にしなくて問題ありませんし、中古で購入した産業用ロボットでも買取は可能です。

中古で購入した産業用ロボットの場合には、設定変更や登録移転などを必要としない場合が一般的なので、普通に買取依頼をしてもらって大丈夫でしょう。重要なのは産業用ロボットの状態なので、きちんと操作できるのかという点や、本体部分の傷やへこみなどを重要視して確認しておくべきです。設定変更は産業用ロボットのメーカーに依頼しないといけないような場合というのも少なくなっています。通常は自分で設定できる場合が多いでしょう。

説明書にもきちんと設定方法が明記されているのが一般的です。登録移転は基本的にやり方が一緒なので、やはり購入した人が行うようになるでしょう。法人の場合には、会社同士の付き合いが深いことも珍しくはありません。そのため、取引先の会社から譲り受けるということもあります。このような設定に関する内容は、弊社だけではなく買取業者で判断するのが難しいので、通常は買取できないことが多いでしょう。弊社であれば買取できる種類もあります。