今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
AI技術の発展はめざましいです。新旧比較してみました。

AI技術の発展はめざましいです。新旧比較してみました。

AI技術 発展はめざましい 新旧比較

AI技術とは?

AI技術とは、別名人工知能と言われており、コンピューター上において人間と同じ知能を実現化させることを目的とした基礎技術です。
ヨーロッパやアメリカ、日本においてもこうしたAI技術の発展は目覚ましく、現在では「人工知能学会」が存在し、オンラインから情報誌を読むことが出来ると言われています。
このAI技術の進歩と発展により、多種多様なロボットが展開・開発・販売されています。

旧タイプのロボットと新タイプのロボットを比較する

旧タイプのロボット

本来、日本のロボットといわれるのは19世紀の江戸時代からからくり人形が人気が沸騰しました。江戸時代のからくり人形には、制作の手順と約9種類ほどの設計図があるといわれています。
1980年代になると産業用ロボットの一般化や1990年代になると生活のごく身近で存在を感じることが出来るロボットが続々登場します。

産業用で使用されることの多い業務用の産業ロボットとは、組み立てロボット、搬送口ロボットや塗装口ロボット、検査口ロボットや研磨口ロボット、洗浄口ロボットが存在します。
1990年代にはファミコンゲームが大流行する中、1999年になるとソニーのアイボが登場しました。当初のアイボは、センサーを上手く組み合わせた精密で高度な製品が印象的です。
掃除用のロボットを例に挙げていきますと、1979年には、リモコンで本体を操作できるチリトリーを発売し、1997年にはミノルタのロボサニタンなどが挙げられます。

新タイプのロボット

新タイプのロボットには、1990年代よりもさらに目覚ましい発展を遂げ、よりハイテクでかつ我々の生活に密着したロボットが登場します。
2002年には、お掃除用ロボットの「ルンバ」が日本で販売開始となりました。ルンバは、2012年頃になると約800万台以上が販売された人気製品としてヒットします。2005年以降になるとフィグラ・アイが登場し、2009年になると製品化します。

2010年頃には、一般家庭においてロボットが発売され、多様化されてきました。2012年には、シャープの「ココロボ」が2つの機種で発売されました。
2012年11月には、韓国にあるモニュエルのクレモンが発売されました。2013年には、宇宙飛行士ロボットのキロボが宇宙に飛び立っていき、宇宙においてロボットとの対話の実現に成功します。これは、世界記録のギネスにも認定された程です。
2015年になると、シャープからロボホンという人型のスマートフォンが展開されました。全長が19.5cmくらいの人の足よりも小さめのサイズと言われています。