今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
巨大ロボット工場 ジャンボマシンダー 買取
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

2016年3月1日

「ロボット」の概念は18世紀のオートマトンやからくり人形に遡りますが、この言葉が最初にもちいられたのは1920年、当時のチェコスロバキアの小説家カレル・チャペックが発表した戯曲「R.U.R.」において人造人間(バイオノイド)を指すものであったのが始まりであるとされています。1928年には大阪にて電気式の人間型ロボット第一号とされる學天則が発表されました。そして1950年代には小説家のアイザック・アシモフによりかの有名なロボット三原則が発表されました。このようにロボットは、長きに渡り人々の興味を惹きつける存在であり続けています。

人間の、特に子供は好奇心旺盛であるものですが、こうした子供たちの好奇心をロボットへと向けるきっかけとなるものはやはりサブカルチャーコンテンツです。サブカルチャーコンテンツには数多くのロボットが登場し、フィギュアなどの玩具として発売もなされております。そんなロボット玩具のうちでも、70年代に発売された巨大ロボット工場ジャンボマシンダーシリーズは、もちろん玩具であり正式なロボットではないものの、60センチ以上という当時としては圧倒的なサイズにも加え、強化プラスチック製のボディや複雑なギミックなどから大人気となりました。現在当社では、こうした巨大ロボット工場ジャンボマシンダーシリーズの製品に関しまして積極的な買取を行わせていただいております。

巨大ロボット工場ジャンボマシンダーシリーズは当時としては比較的高額なものであったということもあり、家庭の事情などにて買ってもらえなかった当時の子どもたちからの需要も高く、物によってはプレミア的な価値があるものもあります。いずれにせよただ今大変にニーズの高まりつつある製品ということで、買取に際しましてはできる限り良い条件をご提示させていただきたいと考えております。もしご自宅やご実家の押し入れなどにしまいっぱなしになられているお品物がある場合には、ぜひ当社までご連絡ください。

巨大ロボット工場 ジャンボマシンダー