今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
おむすびロボット
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

おむすびロボットの買取

おむすびロボット買取

皆さんの御宅には、かっては活躍したものの、もう不要になって部屋の隅にしまってあるような道具はありませんか。
そのような道具がもしあるのなら、迷わずに当店に相談を頂きたいと思います。
特に、今回注目したいのは、かつての主婦の味方である、おむすびロボットです。
おむすびロボットは、ご飯を機械にセットするだけで簡単に綺麗な形のおむすびが完成するという優れものでした。おむすびを作る時にはどうしても手がベタベタになってしまい、中々うまく三角形が作れないといった方が大勢いたので、おむすびロボットは発売当時はバカ売れしたのです。
しかし、今となっては様々な現代技術が発展して、おむすびロボットよりも高性能な機械が多数販売されるようになりました。
その結果、三角形にしか対応できないタイプのおむすびロボットから徐々に市場から消えていきました。
今では、市場でおむすびロボットを見かける機会はほとんどありません。中には、以前購入したけれど、もう不要になってしまいどうしようか困っている、という方も多いでしょう。
もし、ゴミとして処分地してしまうと、最悪の場合ではお金がかかってしまいます。
不要な物の処分にお金をかけるのは勿体無いですよね。
しかし、当社であれば、どんな商品であったとしても高額で買取を致します。
もちろん、どんなに古いタイプのおむすびロボットでも大歓迎です。
状態が良ければ、購入時とほぼ同額での買取も可能になります。
もし、眠っている、おむすびロボットがあるのなら、処分してしまう前に一度当店にご連絡ください。査定など柔軟に対応させて頂きます。

おむすびロボを売られたお客様の声

古くなったので買い替えたいという理由でおむすびロボットを売却した体験談
私は弁当屋を経営しています。そこでは、おむすびロボットを使っているのですが、もう長いことつかっているので少し古くなりました。新しいものに買い替えたくて、今まで使っていたものはロボット買取ドットコムさんに買い取ってもらいました。大きい物なので捨てるのは大変ですから、引き取ってもらえて助かりました。
1年使っていないという理由でおむすびロボットを売却した体験談
おむすびは手で作るものと思っていたのですが、握るとき熱いし、わりと汚れるので「おむすびロボット」を買いました。
便利だったのですが、かたづけが手間でした。
その為、次第につかわなくなり、一年間使わなかったので、売却しました。
必要なくなったという理由でおむすびロボットを売却した体験談
私は以前某メーカーさんから「おむすびロボット」を購入致しました。そのロボットにより想像以上におむすびを生産することが可能となりました。しかし同時に、日頃おむすびを購入されている常連の方々から「以前の方がよかった」「おむすびに愛情が感じられない」との意見が多数寄せられ、そのロボットを売却する事となりました。売り上げと地元愛どちらを重視するか悩みましたが、この決断は正しかったと思っております。

買取対応メーカー:鈴茂器工、富士精機、オーテック、市川工業、アトリー、ALLANCE、古川機工、島津機械制作所など

高価買取の前に!

●付属品の取扱説明書や、おにぎり袋・らっぷ・ふりふりメーカー・ポーチ・ケースなどもありましたらお付け頂くと査定UPの可能性が・・・
●保証書があり、保証期間内であれば査定UP。
●買取り前は、ロボット内に米粒などが残っていない様に、しっかりと清掃されて下さいませ。
故障している、おむすびロボの場合・・・
●動力部や細部での故障があれば、素人では修理困難ですので、製造元修理に流れる形になりますので、ジャンク品としての査定額となりますので、ご了承願います。

おむすびロボットの買取対応製品

おむすびロボットのことなら弊社までお問合せください!買取後の運送料は、弊社がお引き受けいたします。

スズモ(鈴茂器工)

小型のものから工場用まで幅広いロボットを扱っている鈴茂器工の製品を買取強化中!

MOS-FMA、SSG-GTO、GST-FBA、GST-RSC、THS-DRA、FHB-SHA、GST-ENC、GST-ENC+PNS-GTCなど

オーテック(AUTEC)

音響機器で有名なaudio-technicaの食品加工機器部門のオーテック製品を宅配買い取り中!

ASM545S、ASM535など

富士精機

おにぎりマシン8割のトップシェアの実績の富士精機の製品も、もちろん買い取り強化致しております!

GKT3000、にぎってPONⅢ PG、GCE-1800+PS-1800、GIB、SSG700、GSE-1800、にぎるくんCHS、NFP、大型成形機GIB、巻きシート成形機SG(SGK+SGS)、 巻きシート成形機WG(WGK+WGS)、NOP、巻きシート成形+おむすび包装機、NOS、GKT、GF-1、SHS-2400、GOS-2400、FTO-2400、BKP-2400、HKP、SFT、KHL、NHL、NTN1000、GKM2400、G2400など

アトリー

全自動でチャーハンが作れる全自動中華調理器が有名なアトリーの、おむすびロボットも買取り中。

TO-3AH、TO-5AH TOM-01など

市川工業

タッチパネル式の操作画面が特徴的な市川工業の製品も当店に売れます!

F-2500、RB-2500B型、RB5000A型、SRB-2500型、RB2500、RB2400S、関連商品BW30型など

古川機工

独自の焼きおにぎり製造機が特徴的な古川機工の製品もロボット買取ドットコムまで売却可能なんです!

バタリングマシーンなど

ALLANCE

中国本土のおにぎり製造機を製作販売しているメーカーですね。

ALC-MBなど

島津機械制作所

2011年に事業停止しており、新品はございませんが過去の中古品も不具合がありませんでしたら買取り可能!
上記以外の型式・製品・メーカーのおむすびロボットでも買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当店買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!
おむすびロボットの特長

おにぎりのふっくらとした手作り感がすばやく作れる。
優れた成形機能に自動調整ができ、安定感あるおにぎりロボットです。など

おむすびロボットとは?
おむすびロボット

大人も子供もおにぎりって好きですよね。
遠足に行く時にお弁当で持って行ったおむすびや、食欲がない時でもおむすびなら思ったよりもご飯の量が食べられたりしますよね。
おむすびは簡単にご飯を三角型や俵型、丸型に握って海苔を巻くなど、とてもシンプルで簡単に作ることができるメニューです。
携帯性や保存性からか、昔からお弁当など持ち歩きが可能なメニューとして重宝されていました。
中に梅干を入れると長持ちするなど、古くからの生活の知恵が生きている食べ物です。
今ではコンビニやスーパーでも色々な種類のおむすびが販売されていて、手軽な昼食やおやつとしても親しまれていて、世界的にも日本のおむすびが販売されているということです。
弥生時代後期や古墳時代の遺跡から米粒の固まりが発見されています。
今のようなおむすびの起源は、平安時代に食べられていた「頓食(とんじき)」だといわれています。
これは楕円形でかなり大きなサイズであり、もち米だったということです。
その後鎌倉時代末期からは、うるち米でおむすびが作られるようになり、元禄時代から栄養もあって便利なことからおむすびと海苔の関係ができました。
戦時中の携帯食としても活用され、大日本帝国陸軍では米麦飯を1合ずつ丸く握って、2個ずつ携帯するのが標準だったそうです。
古くから生活の中に浸透してきたおむすびですから、スーパーやコンビニ、持ち帰り惣菜店などで販売されています。
おむすびロボットはこのように食品加工工場やお店で幅広く使用されている機械です。
1時間に数百個ものおむすびを作り続けることができるので、人間がおむすびを握るよりも何倍も速さで効率的に作ることができるでしょう。
シャリの固さも調節が可能で、おむすびや握り寿司も同じロボットで作ることができたり、とても便利なロボットがたくさん販売されています。
規模や目的に応じてピッタリしたおむすびロボットを選ぶことができますね。