今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
のり巻きロボット

のり巻きロボットの買取

のり巻きロボット買取

「のり巻きロボット」は寿司店ばかりではなく、バイキングレストランや和食店などに、なくてはならない設備となりつつあります。
当店では、ただいま「のり巻きロボット」の買取を強化しております。
お手元に使わなくなってしまった「のり巻きロボット」はございませんか。
「のり巻きロボット」は、購入してから年数が浅い方が高額での買取が可能となります。ぜひこの機会に買取査定にご連絡ください。
その際、あらかじめ動作や付属品のご確認をいただきますと、査定がスムーズに進みます。
買取の対象はSUZUMO、ザ鈴木、AUTEC、ともえ、等となっております。
これ以外のメーカーでも買取可能な場合がございますので、ご連絡いただく際に、メーカー名と型番をお知らせください。
また、買取査定のご連絡をいただく際に、次のようなことがらについてご確認をお願いいたします。
細巻き・中巻き・太巻きがそれぞれ調整可能かどうか、大量に作成しても一定の状態でのり巻きが完成するか、ノリが破れたり、へばりついたりすることがないか、シャリがむらなく適度な状態でまとまっているか、適度な速さでのり巻きが完成するか、衛生面で問題がないか、などがございます。さらに、全体的な汚れやサビ、アームやローラーの不具合についてもご確認いただき、査定の際にお知らせください。
また、付属品として「のり巻きロボット」の取扱説明書や太さ調整のためのプレートが揃っているかについてもご確認ください。

のり巻きロボを売却された方の声

必要なくなったという理由でのり巻きロボットを売却した体験談
寿司屋を経営していましたが、病気をして廃業することになりました。店で使っていたのり巻きロボットも、必要なくなったのでロボット買取業者に買取をお願いしました。思っていたより、高い値段で買い取ってもらえて助かりました。正常稼働しなくなった為買い換えたいという理由でのり巻きロボットを売却した体験談
当店では回転すし屋を経営しており、使用頻度が高いのり巻きロボットが故障してしまいました。残念ながら産業ゴミになるかと思ったのですが、ロボット買取ドットコムさんを発見して有料で買い取ってもらえました。廃棄費用が済み経費の節約につながっています。
最新型に買い替えという理由でのり巻きロボットを売却した体験談
回転寿司屋を経営しています。うちの店では人件費削減のため、のり巻きロボットを使用していますが、最新型に買い替えようかと考えているところです。そこで古いロボットはロボット買取業者に買取してもらうことにしました。買い取ってもらったお金は、新しいロボットを購入する足しにするつもりです。

買取対応メーカー:AUTEC、SUZUMO、ザ鈴木、ともえなど

高価買取の前に!

●付属品の「取扱説明書、プレート(細巻、中巻、太巻)」などは全て揃っておりますでしょうか?
のり巻きロボの不具合を以下にまとめました。該当される製品の場合は査定が下がるか、買取り対応不可になります。
電源、スイッチ
※電源はきちんと入りますか?スイッチの状態は良好ですか?
のり巻きの太さ調節
※細巻きから太巻きまでボタンで大きさを調節することができますか?
※シャリの量など細巻きから太巻きまで調節することができますか?
大量生産の状態
※大量に生産しても最後までのり巻きの状態は良好ですか?
※最初から最後まで設定した太さでのり巻きが可能ですか?
シャリの状態
※のり巻きのシャリの状態は満遍なく広がっていますか?シャリがのりからはみ出たりしませんか?シャリが固すぎず餅のようにならず適度な状態で広がっていますか?
※巻きの強弱調整は可能ですか?
内部の湿気管理
※内部の湿気の管理はできますか?のりがくっついたりしませんか?
のり巻きの完成度
※のり巻きはきれいに仕上がりますか?巻いた時にシャリがのりからはみ出たり、のりが破れたりしませんか?
のり巻きの速度
※巻く速度は速すぎたり遅すぎたりしませんか?途中で速度が変わったりしませんか?
※設定したら最初から最後まで同じ速度で巻きますか?
内部の衛生
※内部を簡単に分解して清潔に洗浄が可能ですか?
※内部に虫などが侵入する可能性はありませんか?

のり巻きロボットの買取対応製品

のり巻きロボットのことなら弊社までお問合せください!

SUZUMO

日本唯一のオリジナル寿司ロボットメーカー

SVR-NVG、SVR-NVG-SS、ZNS-RPA、SVR-NNV、SVR-NVE、SVR-SAC、SVR-SAE、SVR- NVE-SS、SVR-NVB、ST-77SVRなど

AUTEC

一般的には、オーディオ系の製品を作ってる所です。

ASM830、ASM835A、ASM865、ASM840、ASM850、ASM860A、ASM870、ASM880など

ザ鈴木

食品加工メーカーです。おにぎり成形パックマシーンなど、コンビニなどで売られている物に使う機械が多いようです。

SA-104など

ともえ

寿司ロボットで、寿司ビジネスをやっています。

MR-250、VMR-400など

上記以外の型式・製品・メーカーの「のり巻きロボット」でも買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当店買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!
のり巻きロボの特長

のり巻きロボとはシャリのほぐしからのりで巻くまでの工程を行うロボットです。プレートの交換により細巻き、中巻き、太巻きをそれぞれ選ぶことができます。

のり巻きロボットとは?
のり巻きロボット

お寿司屋さんや持ち帰り寿司屋さんなどで幅広く使用しておられるのが、のり巻きロボットでしょう。
人がのり巻きを巻くよりも、ご飯の量も同じように効率良くスピーディーにのり巻きを作ることができます。
のり巻きロボットを利用すれば握りすぎて固くもなく、シャリはソフトにふっくらとしたのり巻きが出来上がります。
シャリシート設定も段階別に行なうことができて、細巻きや中巻き、太巻きなど自由自在にできて便利です。
寿司は昔から日本人が好きなメニューのひとつで、家族が集まって回転寿司に行ったり、夕食にのり巻きを買って帰ったりと、のり巻きは私達の食生活に深く関わっていますよね。
のり巻きは酢飯と様々な具を海苔で細長く巻いた料理ということですが、巻き寿司や巻き物とも呼ばれるということです。
普通は巻き簾の上にまず海苔を広げて、酢飯を広げてあらゆる具を載せてから手で巻きます。
太さによって細巻、中巻、太巻と呼ばれ、かんぴょう巻きものり巻きと呼ぶこともあるそうです。
握り寿司のサイズの酢飯を海苔で巻いて、上にイクラやウニなど崩れやすいものを乗せたものを軍艦巻きと呼んでいます。
このような巻き寿司を手軽に一緒に楽しむことができるように開発されたメニューが手巻き寿司です。
個人で自分が好きな具を自分で海苔で巻いて食べることができて、のり巻きとはまた違った様々な具を用いて、パーティーのように楽しむこともできます。
のり巻きの歴史を見てみると、1787年に刊行された書物に、寿司屋のメニューにのり巻きが載っていたということで、手を汚さないで食べられる寿司という解釈がなされているそうです。
世界的にも日本の寿司は人気があるメニューのひとつであり、寿司の中に様々なのり巻きも含まれ呼ばれています。
寿司といえば握り寿司のことを差しますが、寿司の種類には握り寿司の他に巻き寿司、ちらし寿司、稲荷寿司、押し寿司などあらゆる種類があります。