今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ドローン

ドローンの買取

ドローン 買取

ドローンとは?

ドローン

ドローン とは無人航空機 のことで、人が搭乗していない航空機の形をしたものをいいます。
ドローンには全幅30mの大型のものから手のひらに乗るコンパクトなものまで様々な種類があり、どちらも無線操縦によって操作されます。
無人航空機を目で確認しながら操縦するものから、衛星回線により地球の反対側からでも制御ができるタイプのものまであり、飛行ルートを前もってプログラムすると完全に自律飛行 を行なうことも可能になります。

無人で航空機を遠隔操作するという考え方は第一次世界大戦の時代からあったもので、第二次世界大戦のときから本格的に研究が始まりました。
軍事的な目的 から攻撃用の飛行爆弾の研究からはじまりましたが、実際完全に実用化されることはありませんでした。
その後も軍事目的であらゆる研究が続き、ターゲットドローンと言われる標的機が広く普及しました。

現在の小型ドローンは撮影用 農薬散布 災害調査 測量 、宅配などの目的での利用が広がっていて、今まではヘリ機に乗らなければなかなか実現できなかった空中からの撮影や危険な場所の調査、広い場所での農薬散布などに利用されています。
これからは宅配便のための利用の可能性も広がっています。
さらには噴火した火山の様子を撮影したり、崩壊した建物の内部を撮影したりなど、人が入るには不可能な場所の確認が簡単になりました。

過去には軍事目的で無人航空機が研究開発されていましたが、現在ではまた別の意味で無人飛行機 必要性 が高まっています。
無人であるという意味は危険な場所にも行けるという意味と、人を乗せる必要がないのでいくらでも軽くコンパクトにしながら、必要な機器を乗せて遠隔操作することができるという意味があります。
このような意味からドローンの可能性はさらに広がると見られており、現在使用されている分野だけでなくさらに多くの場所で利用されていくことでしょう。

ドローンを高価買取してもらうポイント

ドローンを撮影用や災害調査用などに使用される以外にも、趣味で使用している方もいらっしゃることと思います。

ドローンを買取してもらう場合には全ての付属品が揃っている か、バッテリーは劣化 していないか、プロペラや本体などにキズや割れ、曲がりなどの不具合がある場合には査定金額が落ちてしまう場合があります。

少しでもきれいで新しい状態 であればあるほど高く買取 することができますので、汚れている場合にはきれいに拭き掃除などを行っていただければ査定アップの可能性があるでしょう。

元箱 があればそのままお送りいただけるほうが高く査定が可能になりますので、これらの点をチェックされることをお勧めします。

ドローンを買取したお客様の体験談

身の回りでもっと不用品はないかと探すのがクセになりそうです

数年前にドローンに興味を持つようになり、法規制外の200g以下のドローンを探して購入しました。
友人と一緒に何度か使用して見ましたが、数回で飽きてしまい その後は使うことなく、箱に入れて物置にしまってそのまま忘れていました。
物置の整理をしていた母がドローンを見つけて、必要ないなら処分するように言ったので、どうしようかと考えた挙句買取してくれる店を探すことにしました。
ロボット買取ドットコムのサイトを見つけたので見てみると、色々なロボット買取の経歴がありドローンも買取可能だということだったので、とりあえず電話して買取価格を聞いてみようと思いました。
ドローンのタイプや今の状態、使用した経歴などを伝えると、良品ですね と喜んで頂き、査定金額 も思ったより高いもの でした。
他のサイトも調べてみようかと思っていたのですが、査定金額にも満足したのですぐにロボット買取ドットコムで買取してもらうように手続を始めました。
最初に電話してから口座に入金 されるまで数日 しかかからず、スピードの速さに驚かされました。
このように簡単に中古品の買取をしてもらえるとは思わなかったので、身の回りでもっと不用品はないかと探すのがクセになりそうです。

古いタイプでもOK! 無駄にもならず、本当に良かった

会社で撮影をするために一時期使用していたドローンがあったのですが、その後は必要なくなり会社の倉庫にしまっていました。
あることを忘れていて今回またドローンが必要になった時、別のドローンを購入してしまい、その後倉庫にあるドローンはどうしようかということになりました。
あったらまた使うことがあるのではという意見もあったのですが、もともとそれほど使用する機会がないものなので新しく購入したドローンで十分だということになり、もったいない から買取してもらうことになりました。
以前ロボットを買取するサイトを見た覚えがあったので、インターネットでロボット買取ドットコムを見つけてすぐに問い合わせてみました。
少し古いタイプのドローンだったのですがもちろん買取できるというお答えを頂いたので、すぐに包装して宅配買取 で送って手続を済ませました。
手続も簡単に済んでドローンが無駄にもならず、本当に良かったと思っています。
このように必要なくなったものをお互いに効率的に利用できたら、コストカット にもつながるし社会的にも良いことだと感じました。

代表的な製品

ドローンの代表的な製品としては、ドローン業界を牽引するメーカーと言われる中国の世界最大手ドローンメーカー、DJI(ディージェーアイ)の“Phantom(ファントム)” 、アメリカのドローンメーカー、3D Robotics(スリーディーロボティクス)社の製品で、空撮技術が高く評価されている“Solo(ソロ)”、フランスのドローンメーカー、Parrot(パロット)社 が2010年1月に発表してドローンブームを巻き起こした“AR.Drone(エイアールドローン)” などが有ります。

付属品やオプション品

ドローン 付属品一式

ドローンには大抵、バッテリー、充電器、予備プロペラ、プロペラ組立ツール、プロペラガード、USBケーブル、USBカードリーダー、ドライバー、持ち運び用バッグ、取扱説明書、保証書などの付属品やオプション品が有ります。

ドローンの使い方

狭義のドローンは、GPS などを利用して自律自動飛行する無人飛行機を意味しますが、広義のドローンは、ラジコンの一種で、プロポと呼ばれる送信機などを使って無線で操縦します。

ドローンを正常に飛行させるためには、機体 水平にした状態 電源 を入れなければなりません。ドローンは、機体の電源が入った瞬間の状態を水平状態として記憶するからです。

プロポの操作方法には、日本のラジコン飛行機の操作方法を踏襲した“モード1”と、海外で主流の“モード2”が有ります。

ドローンの修理方法

ドローンが墜落するなどして衝撃 を受けた時には、まず、水平検知に異常が無いか どうかを確認します。
水平検知に異常が無ければ、次にチェックするのはプロペラ です。
それでも上手く行かない時には、送信機を使って、機体バランスを調整する“トリム調整” を行います。