今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
卓上ロボット

卓上ロボットの買取

卓上ロボット買取

卓上ロボットは、複雑な作業を簡単にしてくれる便利なロボットです。
大型のロボットなら、導入するのが困難な場合があったりしますが、卓上ロボットはコンパクトなので手軽に導入することができます。
手軽に導入することができることから、中古品でも導入したいと考えている人も多くいて、当店では卓上ロボットを高額で買取り中です。
卓上ロボットが不要になってしまったり、新しい製品に更新するときには、現在使われている卓上ロボットをぜひ当社に売却してください。

当店への売却を検討される場合には、次のことに注意してください。
まず注意していただきたいのが、電源ケーブルや取扱説明書が揃っているかどうかです。
これらが揃っていなければ、高額で買取りをすることができなくなってしまうので注意してください。
オプション品がある卓上ロボットについては、オプション品も同時に売却していただければ、通常よりも高額で買取らせていただきます。
卓上ロボットを売却するときには、お持ちのオプション品も忘れずに売却をしてください。
製品に不具合がないかどうかも確認してください。
電源が入らない、設定通りに動かすことができない、各種動作が適切に行われないなど、これらの不具合があると、残念ながら高額で買取りをすることができなくなってしまいます。
正常な動作が行われる卓上ロボットなら、当店で査定を行い高額で買取らせていただきます。

当店をご利用された方の声

今後必要な機能がついていないという理由で卓上ロボットを売却した体験談
先日、ロボット買取ドットコムさんに依頼して、卓上ロボットを売却いたしました。気に入っていたのですが、今後必要になってくる機能がついていないことから売却をしました。大変丁寧に対応してくださり、気持ちよく売却することができました。
他メーカーに買い替えたいという理由で卓上ロボットを売却した体験談
私は、先日初めて、ロボット買取業者に卓上ロボットを売却しました。理由は、他のメーカーに買い替えたいと考えたからです。ロボット買取ドットコムの方が丁寧な対応をして下さり、思っていたよりも高額で売却できて安心しました。
機能を使いきれていないのでダウングレードしたいという理由で卓上ロボットを売却した体験談
自営業の工場で卓上ロボットを使っていたのですが、十分に機能を使いきれていないと思い売却することにしました。お金にするためにはロボット買取業者が良いのではと、そちらにお願いして買い取ってもらいました。それで得た資金で、もう少し機能が単純なものにダウングレードしました。

買取対応メーカー:武蔵エンジニアリング・ジャノメ・岩下エンジニアリング・三菱電機エンジニアリング・タイショー・堀内電機製作所・ユニコントロールズ・TOMOEなど

高価買取の前に!

●付属品の「・電源ケーブル・取扱説明書(CD-ROM)」は全て揃っておりますでしょうか?
●オプション品の「・スイッチボックス・ティチングペンダント・通信用PCソフト・I/O-SYSケーブル、I/O-1ケーブル・ティーチングボックス・安全カバー・ワークベース」などもありましたらお付け頂くと査定UP。
不具合の有無
*電源
電源は入りますか?スイッチは点灯しますか?スイッチの故障はありませんか?
*ロボットの異常音や振動
運転中に異常音や振動はありませんか?設定通りの作業を行うことができますか?
*速度が速すぎる、遅すぎる
プログラムの設定通りの速度で作業を行うことができますか?
  速度が途中で遅くなったり早くなったりしませんか?
*設定通りに動かない
プログラムの設定通りに作業が可能ですか?予期せぬ動作をしませんか?
非常スイッチは作動可能ですか?
*ネジ締めの強度
ネジ締めの強度は良好ですか?
*塗布の状態
塗布作業の状態は良好ですか?塗布の動作不良はありませんか?
上記、またはそれ以外にも卓上ロボットに不具合のあります場合は査定に影響致しますので、事前にご了承願います。

卓上ロボットの買取対応製品

卓上ロボットのことなら弊社までお問合せください!

JANOME(ジャノメ)

クリーンルーム対応の2モデルがある、画面表示は10種類の言語に対応している。

JR2203N (CL)、JR2303N、JR3203、JR3204、JR3303、JR2403N、JR2503N、JR2603N、JR2204N(CL)、JR2304N、JR2404N、JR2504N、JR2604N、JR3504、JR3603、JR3604、JR2203N-CL、JR2204N-CL、JR2203NE、JR2303NE、JR2403NE、JR2503NE、JR2204NE、JR2304NE、JR2404NE、JR2504NE、JR2203NERT、JR2303NERT、JR3304、JR3403、JR3404、JR3503、JR2403NERT、JR2503NERT、JR-V2203M1、JR-V2203M2、JR-V2303M1、JR-V2303M2、CAST-AS4、CAST-PR3、CAST-MR4、CAST-CR3など

武蔵エンジニアリング株式会社

塗布作業、ンクジェット印字やネジ締め、基板カット等、様々なプロセスに対応可能とする豊富なバリエーションがある。

SM200Ω-3A、SM200Ω-4A、SM200 DSS-3A、SM200 DSS-4A、SM300 DSS-3A、SM300 DSS-4A、SM400 DSS-3A、SM400 DSS-4A、SM500 DSS-3A、M500 DSS-4A、SM200 DS-3A、SM200 DSZ-4A、SM300 DS-3A、SM300 DSZ-4A、SM400 DS-3A、SM400 DSZ-4A、SM500 DS-3A、SM500 DSZ-4A、SM300-2A、SM300-3A、SM300-3A-CE、SM300-4A、SM500-3A、SM500-4A、MINI100S-3A-01など

三菱電機エンジニアリング株式会社

組み立て/加工などの生産設備,検査装置のベースマシンとして最適

LR110-4A、LR110-3A、LR210-4A、LR210-3A、LR100-4A、LR100-3A、LR200-4A、LR200-3Aなど

岩下エンジニアリング株式会社

抜群の省スペース性、コンパクト×高剛性×ローコスト。

EzROBO smart、EzROBO-5GX ST2520、EzROBO-5GX ST3030、EzROBO-3GX、EzROBO-Ace ST4040など

堀内電機製作所

低消費電力設計、新技術”スーパーサイクロン”方式でクリーンなカットが特徴。

FJR234-S001、ITFJR233-S001、BCUJR223-S001、DTNJR233-S001、NJR223-S001、HAJR234-S001、DJR233-S001、ITDJR233-S001、IWJR223-S001 JR2200N、JR2300N、JR2400N、JR2500Nなど

株式会社タイショー

汎用性が高く、研究開発から大量生産に対応している。ディスペンス作業、ネジ締め、基板の分解等々。

SMD-200、SMD-300など

ユニコントロールズ株式会社

塗布作業が得意でコスパの高い卓上ロボットが売り。

UXY-2203、UXY-2303など

TOMOE(卓上寿司ロボット)

職人技のメカニズムを機会で再現することで美味しいしゃり玉ができる。

VSR-4500、VGR-T4500、MPS-400、VMR-400、RC-II、VTF-3400、ATF-3400、MSR-3000など

上記以外の型式・製品・メーカーの物でも、卓上ロボットなら買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当店買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!

卓上ロボットの特長

卓上ロボットとは小型、多軸の直交型ロボットです。組み立て/加工などの生産設備、検査装置のベースマシンとして最適です。
多品種少量生産に伴うセル生産方式が主流になってから、卓上型ロボットのニーズが飛躍的に高まっています。
生産する製品のサイズや作業スペース、また塗布作業に留まらず、インクジェット印字やネジ締め、基板カット等、様々なプロセスに対応可能とする豊富なバリエーションとオプションをラインナップしています。

卓上ロボットとは?
卓上ロボット

卓上ロボットはその名の通り机の上にセットして小型部品の生産に対応するロボットのことをいいます。
セルの生産や製品のネジ締めやトルク管理、塗布などの工程を行なってくれます。
専用ソフトを連動することでコピーやペイント、サブルーチン機能などの特殊機能も行うことができて、接着剤での点打ちや線引き、充填なども行なうことができます。
ロボットとは、人の代わりに自律的に作業をする装置ということです。
現在ロボットは今まで人間が行なってきた仕事を、代わりに行なうことができるようになりました。
家庭ではロボットが掃除をして、農場で牛の搾乳はロボットが行い、自動車工場の塗装も産業用ロボットが行う時代になりました。
さらにはペットの役割も果たして成長するロボットや、実際に歩行するロボットも登場してきました。
昔は人間しかできないと思っていた分野でも活躍しているこのようなロボットは、強制労働を意味するチェコ語の「robota」からきているといわれています。
日本ではある小説で「人造人間」と訳されており、ロボットという名前が普及するのは戦後からだということです。
ロボットの定義は明確ではありません。
一般的には人の代わりに作業をする機械とされていますが、産業用ロボットは「自動制御によるマニピュレーション機能又は移動機能をもち、各種の作業をプログラムによって実行できる、産業に使用される機械」とJISで定義づけられています。
人の代わりにある程度の作業を自動的に連続して行なうことができるのがロボットです。
人が操作し続ける必要があるものは機械だということがいえるでしょう。
つまりロボットは自動で制御できるということから、プログラムやソフトウェアによって、一定した業務を自律的に行なうことができる機械です。
卓上ロボットはこのように自律してネジ締めやトルク管理、塗布などを行なうことができるので、お陰で精密でミスもなく迅速に作業を行うことができるようになっています。