今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
床用ロボット掃除機
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

床用ロボット掃除機の買取

床用ロボット掃除機の買取

床用ロボット掃除機とは?

床用ロボット掃除機

床用ロボット掃除機は、床を掃除するロボット型の掃除機であり、丸い円盤のような形をしており、高さは10cmほどしかない薄型になっています。この円盤のロボットを床に置くと、自動的に部屋の中を移動していき、掃除していきます。床に床型ロボット掃除機を置いて、スイッチのボタンを押すだけで、あとは自動的に部屋の中を掃除してくれます。

ロボットには前面にブラシが付いており、それにより床のゴミを集めていき、吸引モーターにより強力にゴミを吸い取ります。ブラシと吸引モーターによって、フローリングやカーペット、畳などの床面も傷つけずに掃除することができ、モップ搭載モデル水拭き乾拭きを行えるようになっています。吸引モーター付きではありますが、静音モデルなどモーター音は小さく設計されています。高効率のHEPAフィルターなどを搭載し、吸引した空気は奇麗な空気にして排出します。

掃除してダストボックスにゴミが溜まれば、ダストボックスのゴミを捨てるだけでよく、面倒なお手入れも必要ありません。

センサーが搭載されていますので、部屋の椅子やテーブルの脚などを自動的に関知して、よけながら進み掃除をしていきます。壁や階段があれば、そこまで行くとターンして方向を変えます。下面にセンサーが付いているタイプだと、階段などの床の無い部分も関知でき、落下するのを防げます

バッテリーで動きますので、AC電源やケーブルは必要なく、動いている時にケーブルが絡まるなどの心配がありません。最近のほとんどの機種はコンセントで充電が行なうことが出来、充電スタンドに自動的に戻ってくる機能も付いています。バッテリー残量が少なくなれば自動的に、充電スタンドまで戻ってきます。

タイマーが搭載されていれば、決まったスケジュール通り掃除させる事も出来ます。スマートフォンで操作できるようなモデルもあり、Wi-Fiで繋げて、掃除範囲の設定やタイマー設定、清掃モード設定などが行えます。

床用ロボット掃除機を高価買取してもらうポイント

床用ロボット掃除機は、まずは正常に稼働することを確かめてから、埃や汚れなど、見える部分を掃除するだけでも査定額はアップします。査定前には掃除することをおすすめします。また正常に稼働することは必須条件ですが、バッテリーで動きますのでバッテリー残量にも注意してください。フル充電しても1分程度しか動かないとなると、買取りできない場合がございます。

付属品は一式揃っているのが理想であり、買ったときの状態にして売るようにしていただくと、高値での買取が可能です。特に充電スタンドはバッテリーを充電するのに必要のなので必ず無くさないようにしましょう。どんどん新しい機種が出てくると、古い機種の買取価格は下がりますので、売りたいと思ったときが売り時です。

床用ロボット掃除機を買取したお客様の体験談

本体 傷

買取価格に満足

日々の掃除を楽にするために購入をした床用ロボット掃除機。
しばらくは使用をしていたのですが、しかしやがて少し物足りなくなりより高性能の製品に買い換えることにしました。

ただ購入をしてから1年も経過していなかったため捨てるのも惜しく、買取先を探しているとロボット買取ドットコムのことを知ることが出来ました。

これまでに宅配買取を利用したことは他の店でも無かったのですが、梱包の仕方から丁寧に教えてくだり助かりました。

金額も事前の査定とズレがなく、満足出来る価格です。
この度はありがとうございました。

即決しました

倉庫の掃除に使用していた、業務用の床用ロボット掃除機。
しかしその倉庫も引き払うことになり、床用ロボット掃除機売却することになりました。

試しにリサイクルショップに持っていった所、あまり納得出来るような金額ではありませんでした。
そこで今度はロボット買取ドットコムの無料査定を申し込んでみたのですが、こちらの方はリサイクルショップよりも大幅に高い金額を提示してくださいました。

ここより高く買い取ってくれる店はそうないだろうと判断し、即決をしました。
また何かあった時には、よろしくお願いします。

代表的な製品

草分け的な製品としては、iRobot社ルンバがあります。最近販売されているモデルとしては、ルンバ 622やルンバ 870があります。機能を満載し登場したのがECOVACS社のDEEBOTであり、DEEBOT DM82やDEEBOT D35などがあります。パナソニックからもSUZUKAが発売されています。

低価格モデルとしては、ツカモトエイム社ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03、スリーアップ社のモッピーRC-20Wなどがあります。

付属品やオプション品

付属品として、充電ドッグがありこれをコンセントに設置すると、自動で充電が出来ます。
その他の付属品として、リモコンや取扱説明書、サイドブラシなどがあり、ダストボックスや高性能HEPAフィルターが付属する製品もあります。

床用ロボット掃除機の使い方

本体 裏

昔から多くの人が描いていたであろう夢を、実現させたものが床用ロボット掃除機です。
製品ごとに特徴はありますが、基本的にどれも使い方は簡単。
ボタンを押すだけで、自動で掃除をしてくれます。
またタイマー機能により、掃除をする時間をあらかじめ設定をすることも出来ます。
バッテリーが無くなっても自動で充電をしてくれる製品もあり、その進化はまだまだ留まりそうにありません。

床用ロボット掃除機の修理方法

床用ロボットの修理は、購入した製品メーカー依頼をしましょう。
自己修理をしようと分解などをすると悪化をする恐れもありますので、無理はしないようにしましょう。
製品によっては、無料で修理をして貰うことが出来る保証期間が設けられています。