無料査定・お問い合わせ

新品・中古のロボットを現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

ソニー AIBO アイボ ERS-7M3買取
2020年9月12日

ソニー AIBO アイボ ERS-7M3買取

ソニー AIBO アイボ ERS-7M3買取

家庭用のロボットは、2020年が近づいてきた近年では機能性の進化が著しく、急速に様々なロボットが登場してきています。

型落ちのロボットは新型に取って代わられてしまい、価値が低く評価されがちです。

ソニーのAIBOは20年前の1999年に誕生したという古株で、家庭用ロボット、特にペット型ロボットの中ではレジェンド的な存在として知られています。

AIBOは1999年から2006年まで販売されました。

1999年の初代モデルがERS-110、2006年の最終モデルがERS-7M3です。

初代から最終まで改良などしつつ、約12種ものモデルが出ています。

その間に、本当のペットのように可愛がられる存在になりました。

最終モデルであるERS-7M3は、ブログを書くことができることが特徴です。

最終モデルの販売が終了した後、ソニーによるAIBOの修理サポートも打ち切られてしまいました。

通常、ロボット製品は古いものになると、新しいものに淘汰され、修理をしてまで使われず、存在すら忘れられるようになりがちですが、修理サポートが終了したり、20年経った今でも修理しつつ愛用されていることが確認されています。

本物のお寺で、仏教形式で執り行われるAIBOのお葬式、供養が定期的に行われているほどです。

そこでは故障したAIBOが修理用のパーツとして提供されていたりもします。

これほど愛されている存在のAIBOを作り、きちんとした技術を持っているので、ソニーが再びエンターテイメントロボット事業を復活したのは必然的だとも思えますね。

2018年からはAIBOの新型・aiboが販売されており、ERS-1000というモデル名です。

aiboが販売を開始したことにより、再びAIBOが脚光を浴びるかもしれません。

そこで、当店ではAIBOの最終モデルであるERS-7M3をはじめとするAIBOの買取を強化しています。

通常、型落ちの古いロボットはまともな値が付かず、買取すら取り扱いしないことが多いですが、AIBOは別格です。

ご売却をしようかなとお考えのAIBOをお持ちでしたら、大切にリユースさせて頂きますので、当店にご相談いただけると幸いです。